ライブレポート – 吉祥寺曼荼羅A&W

2015年2月3日(火)
節分、吉祥寺曼荼羅でのライブ、無事終了しました。お越し下さった皆様、ありがとうございました!!
先月に続き、コタニケンイチさんのギターとともに朗読お届けしました。先月のテーマは「ブルー」の爽やかな風。今回はそれに加え、光と影を盛り込んでみました。
前回トライした歌と朗読とのミックスが面白いコラボになったので、今回はこのジャンルの作品を更に増やしてみました。コタニさんのオリジナル曲「ブルー」に同名詩「ブルー」を絡ませて。またカバー曲は新作も含めて2作品に。もともとの英詩と日本語でのオリジナル詩の掛け合い、ミックスなど様々に表現してみました。
また、前回には盛り込めなかった「光と影」の「影」の部分の作品をギターと共に作り上げることが出来ました。トップの「祈りの歌」はライブでの朗読はお初、のはず。作品にぴったりと合うギターの音と共に朗読でき何より。ものすごく暗い詩なのですが(笑)、すごく大きな希望の作品でもあるのです。
祈りの歌
同じく影の部分では「夜の遊園地」は疾走感あるギターと共に、ちょっと場を変えるような朗読にチャレンジ。街の雑踏を表現する効果音もオンして、何編かを音も朗読もフリーに読んでみました。色々な表現、やっているほうも実は楽しいです。翌日迎える、タイトルそのまま「立春」も入れてみました。
夜の遊園地
立春
そして季節ならではの詩「雪の結晶」。ちょうど東京は雪の季節でもあり、この時期に読めると嬉しいです。しんしんと降る雪のイメージ、冬の夜にぴったりですね。
雪の結晶(なんと、3年前の朗読!お恥ずかしい・・・)
ということで2ヶ月連続でコタニケンイチさんのギターと共に朗読。2回続けたことで深まる世界もあり、特に歌と朗読ミックスの構成は面白いものを作ることが出来ました。
この日の共演者、Akikaさんは前月に続きご一緒、ギター弾き語りの方。毎月新曲披露ということで、お馴染みの曲のほか新曲。曲のタイトルが秀逸、といつも思います。宮脇駿さんは初めてご一緒。迫力あるギターと歌で場内を惹きつけられていました。猫の曲、歌詞の語尾が「~ニャ」となるところが意外感がありつつかわいかった(笑)です。
ということで、寒い時期に爽やかな風、お届けできたでしょうか。足をお運びくださった皆様、お聴きくださった皆様、ご一緒の皆様に吉祥寺曼荼羅の皆様、本当にありがとうございました!
さて、来月は同じく曼荼羅、3月9日(月)。何度目かのご一緒、幡野恵子さんの優雅なピアノと共に女性らしさ全開でいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!
ビデオをセッティングするものの、スタートボタンを押し忘れ(毎度のこと)。またもや微妙な写真。終演後のステージです。床に散らばる白いものは読み終わった詩の残滓。

*SET*
wiht コタニケンイチ(gt)
祈りの歌
南風
ブルー/ブルー(作詞作曲・歌:コタニケンイチ/詩・朗読:noriko)
夜の遊園地
2014/9/11~坂道~空があります~勇者の歌~立春
These are the days/美しき日々 (歌:コタニケンイチ/詩・朗読:noriko)
雪の結晶
Dreaming With A Broken Heart/完璧な世界(歌:コタニケンイチ/詩・朗読:noriko)
ダブルタイトルは「曲名/詩タイトル」
*「メッセージ」カテゴリは詩(創作)ではなく、読者の方へのご挨拶やメッセージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ARCHIVE

カテゴリー

タグ