オープンマイク – 凝縮

2015年3月1日(日)
吉祥寺曼荼羅でのオープンマイクに参加、この日は司会もさせていただきました。
雨の日曜日とあってか、参加者は少なめ。しかしその分、全演者のステージを二回転まわすことが出来、より深くそれぞれのパフォーマンスを堪能することが出来ました。多くの参加者がいるオープンマイクはとても刺激的ですが、少数ならではの楽しみもまた、ありますね。
そして、ほぼ全員の方が最初から最後まで、他の参加者のステージを熱心に観覧していただき、終了後の交流も含めてとても濃密な会となりました。
司会の時だけ恒例、全参加者については最後に書かせていただきます。
まずは私個人のパフォーマンスについて。司会役ということでいつもと違う脳を使うため(笑)何をやろうか迷ったままで現地着。オケを使おうかな・・・と準備を始めていたのですが、前半にピアノ弾き語りで参加のemilieさんのピアノが素敵だったので、即興で弾いていただけないかお願いし、即興のコラボとなりました。emilieさんにお会いするのは初めて、ご自身は弾き語りされていたので、即興でどんな音を出していただけるかも未知数。逆にemilieさんも私の詩を一切知らない中、バラード調でという一言だけでスタート。手元に詩のテキストをたくさん用意し、音を確認しながら、その場で作品をセレクトし繋いでいくアイデアでした。オープンマイクなので、作りこんだものより、その場での遊びも取り入れてやりたいな、と。
始まってみると朗読と共にEmilieさんのピアノが私の読む詩に合わせて音が変化、時にはピアノに先導される形で詩が違った表現に変わっていく・・・。初めての方と初めてのセッションなのに、やっている最中から刺激的!ぴったりと息を合わせるのはなかなか難しいことなのに、脳の普段閉じているところが開いていく感覚!最高に楽しい気持ちで朗読出来ました!!emilieさん、ありがとうございました。
二巡目では少し激しい朗読をやりたくなり・・・今度は即興での演奏に手を挙げてくださったふうこさんのギターと共に。以前、イベントでもコラボしたことがありますが、それとは全然違う路線で暗く激しいイメージを伝えて演奏してもらいました。そう、何か叫びたい気持ちがたくさんあるのですね。春の切ない詩からスタートして心の裏側を描くようなし、最後は愛と平和の詩につなげました。私がふうこさんに持っていたイメージとは異なる音をもらって、落ちていくような気持ちを言葉に乗せていきました。こちらも他の参加者の方にご好評いただき・・・ふうこさん、突然のお願いありがとうございました!!
素敵なふたりのミュージシャンと共に刺激的な朗読の時間でした。本当にありがとうございました。
さて、この日参加の皆様をご紹介。(敬称略)
森山雄太(ギター弾き語り)前日に23歳の誕生日を迎えたとのこと、オリジナル曲は23歳ならではのリアル感が魅力。2巡目ではカバー曲を演奏。
emilie(ピアノ弾き語り)美しいピアノに美しい言葉のオリジナル曲を、二巡目ではメッセージソングの強さでまた違った印象を。
ふうこ(ギター・ボーカル)独特の世界観を切り取った新曲を中心に、二巡目ではカバー曲も披露。3月7日はワンマンライブとのこと。
ジェレミー(アコギ・ボーカル)オーストラリア出身。レフティギターをかっこよく弾きこなし、日本人があまり使わないような言い回しの日本語歌詞も魅力。
メランコリッカー広瀬(ギター弾き語り)小型のギターで弾き語り。ハープホルダーにドナルドのくちばしをセットし、ディズニーランドに働く経験の歌など、楽しさとほんの少しの哀愁を。
今城司(アコギ・ボーカル)緊張すると言いつつ、「いつもの」今城節を披露。オフステージは少しだけギタートークも。
ウィスパーZ(歌ピアノ・歌ギター)ピアノ、ギターの弾き語り両方を。芝居仕立てのようなパフォーマンス込みでパワーあるステージを。
三上その子(朗読)洋楽の訳詩朗読、そしてダンスと全く違った魅力を披露。特に小幡さん、杉本さんらとのコラボでのダンスはイベントを華やかに彩ってくれました。
小幡恵利子(ピアノ弾き語り)コーラスメンバー募集とのこと、杉本さんとのコラボで、コーラスの魅力を垣間見せてくれました。MCも素敵です。
杉本みつみ(ギター弾き語り)70年代洋楽の雰囲気のままのオリジナル曲の弾き語りが独特の魅力で、場の雰囲気にとても合っていました。
全11名参加のオープンマイク、時間いっぱいまでとても濃い内容で満たされました。お疲れさまでした、そしてありがとうございました!
ステージ写真を・・・ステージを見ていると写真撮るのを忘れてしまうのですが・・・どうやら自分以外は全員写せたようです^^;










*「メッセージ」カテゴリは詩(創作)ではなく、読者の方へのご挨拶やメッセージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ARCHIVE

カテゴリー

タグ