ライブレポート – 願い事

2017年4月29日(土)

この日は西新井大師の門前にあるライブ施設のあるお蕎麦屋さん「みずとくじら」にて、帽子屋トーリ、Taka 共同主催ライブイベント『帽子を被る夢』という素敵なイベントに出させていただきました。

今年は思うところもありライブしていなかったので、noriko名義2017年初ライブでしたが、とても充実の時間でした。お越しの皆さま、ご一緒した皆さま、ありがとうございました!!

ライブは後半トップに立たせていただきました。
プログラム前半はクラシックや効果音を流しながら数編を朗読。「帽子を被る夢」って願い事が叶う前兆らしいですね。残念ながらそういう夢を見た記憶はないのだけれど・・・たくさんの願いが叶いますように、そんな気持ちでの朗読でした。

1編目は「夢」の話から始まる「不在」を。ここから今回のイベントに繋がった帽子屋トーリ、斉藤麻希さんの帽子をかぶります。
その後のセットリストは練習中に二転三転。なんだか優しい気持ちに満ち溢れてて(笑)、当初考えていた作品をほぼ全入れ替えで優しい詩たちが集まりました。
半分の月のお話「ハーフムーン」、5月に書いた「まっしろ」、好きな花「スミレ」の詩。

そして後半戦はこの日の主催でもある斉藤麻希さんと2編を朗読。
去年、数回ステージをご一緒していただき、できた作品達。麻希さんの「光射す海」という楽曲に朗読を絡めたもの。去年は厳しい形でしか作ることの出来なかったこの作品、次の機会には暖かく生まれ変われそう。

「百万光年の彼方から*遠くの光」はふたりの既存の作品を組み合わせたもの。なのに、一緒に作ったみたいにしっくりくるのは何故なのだろう。
麻希さんのウクレレときれいな歌声とご一緒だと朗読も気持ちよく変わっていきますね。短い時間でしたが、ギュッと凝縮された時間になりました。
斉藤麻希さんとは5月21日(日)の昼、成増のPatinaにて約1時間ガッツリ組んでライブします!

20170429_0

他の出演者の皆さま。

はんこやまなちゃん。なんとリコーダー吹き語り!リコーダーを吹いたり歌ったり、踊ったり?、お話したり。緊張していたのかな?でもなんだか伸び伸びとした楽しさが伝わるステージ。ながーい尻尾?のついた帽子がまなちゃんの雰囲気にお似合いでした!
dav

冨士山絢々。ひとり芝居です。「わたしこのイベントの総合司会なんです」で始まる即興芝居は虚構と現実を行き来するような世界。芝居の中の設定「総合司会」を最後まで信じてる方もいたほど!ちょっぴりの毒とたくさんの優しさに包まれました!
dav

TAKA ONE’S STATION。ギター弾き語り、オリジナルとカバーを織り交ぜて。ベルサイユのばらのテーマ曲とか、選曲がまた絶妙?!小山卓治のカバー曲がかっこよかったですね。「永遠の高校三年生」と評されていましたが^^まさにその通り!
dav

斉藤麻希。ウクレレ弾き語り。癒しの歌声、そんな気持ちが湧いてきました。新しく加わった「遊琴」という楽器でのソロ曲や弾き語りも。遊琴がまた麻希さんの優しさを広げてくれるようなステージでした!
dav

うーたん。ギター弾き語り。童話の世界にいるみたい、そんな見た目と曲たち。この日は麻希ちゃんのとんがり帽子を被って、うーたんの妖精度がアップしてました!!「お月様にチュー♪」ってステージに月が見えました^^
dav

と、素敵な出演者の皆さま、そして満員となった素敵な客席の皆さま。ありがとうございました。
ライブ後にはみずとくじらの美味しいお蕎麦もいただきリラックスタイム!ごちそうさま&お世話になりました!!
dav

ご好評いただき「帽子を被る夢」なんと8月に第2回目の開催も決定しました!!また是非遊びにいらして下さい!主催のおふたり。
dav

次の私のライブは5月11日、東新宿アコースティックアート。ギター弾き語りで活動する朱音さんとのユニット「雪月花」での出演です。こちらは大人の毒と優しさで攻める予定です(笑)。
「雪月花」初ライブですよ~♪ご予約受付中です。

*SET*

不在
ハーフムーン
まっしろ
スミレ

ここからnoriko×斉藤麻希(ウクレレ)

光射す海 ver.朗読
遠くの光/百万光年の彼方から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ARCHIVE

カテゴリー

タグ