ライブレポート – bless you

2017年5月21日(日)

成増にあるギャラリー&カフェ Patinaで開催の帽子屋トーリぼうし展「Welcome to Wonderland」。その展示会開催中にカフェで斉藤麻希さんとのコラボライブを行いました。タイトルは「bless you」、あなたに祝福を。

光が射し込む午後の店内は本当にキラキラと素敵な空間。「絶対晴れますように」という思いも届いたみたい。そして麻希さんが作ったたくさんの帽子がかかった店内はまさにわくわくのWonderland。
斉藤麻希さんとのライブは3回目かな。回を重ねるごとに作品が深くなっていくし、新たな作品を生み出す力も湧いてきて、良い作品が出来たなという充実感。
店内はお友だちや思いがけない方々などたくさんの方が集まってくださり胸もいっぱい。この気持ち、少しでも皆さまにお届けできたでしょうか。

この日はそれぞれのソロ2作品ずつも含めた1時間のライブ。ふたりでやるならこれは絶対入れたいねという作品、そして新作、改作(?)も。朗読と歌とウクレレとゆう琴と様々な取り合わせの作品を盛り込みました。

オープニングには「ずっと昔に」。これまでウクレレ&コーラス&朗読という編成でやっていたのですが、今回は麻希さんの新たな相棒「ゆう琴」の音とともに。原始の森の中の詩なのだけど、これまでとはちょっと違った森の景色が広がりました。

優しい気持ちの作品も入れたいね、ということで新作の「スミレ」。『長い冬が終わる時 ふたりの愛は 首をかしげた小さなスミレ』ってかわいい詩に麻希さんのふわっとした優しさが重なりました。

そしてやるたびに辛く泣きそうになる作品だった「光射す海」。麻希さんの新しい形でやりたいという提案に、ようやく私が「ゆりかご」という詩を書くことが出来、厳しく辛い作品が優しい形に生まれ変わりました!これはすごく大きなステップでした!別の意味で泣きそうになるけれど。いつかこの作品を本当に届けたい人に届けることが、今のふたりでの目標。

後半は、来て下さった皆さま、世界の皆に贈る想いの作品達を。特にラストの「遠くの光*百万光年の彼方から」は麻希さんと一緒にライブをやるきっかけになった作品だから、よりいっそう心を込めて。

ご来場の皆さまにはこの日のライブの全作品集をお渡ししました。自分で言うのもあれだけど(笑)素敵な作品集になったと思うのです。ライブでは流れていく言葉たちを後ほどゆっくり感じていただけると嬉しいです!!

皆で悲しみを分かち、皆に喜びを愛をたくさん届けたいのに、自分自身のほうがたくさんの喜びをいただくようなライブになってしまいました。でも間違いなくあの日あの時のPatinaの中にはたくさんの愛があふれてました!!ありがとうございます!!

終演後は「あなたに詩を書きます」を久しぶりにやりました。詩をお求めくださった皆さま、ありがとうございます。お手許で詩をかわいがっていただけたら嬉しいです。
その後は残ってくださった方々とご歓談しながら、取り起きしていただいていたランチをいただきました。身体に沁みる優しさ、美味しかったです。ごちそうさま!

そうそう、帽子屋トーリ(麻希さん)の帽子を被ってライブしましたよ!やっぱりね。

来て下さった皆さまありがとう、Patinaの皆さまありがとう、そして麻希さんありがとう。

20170521_1

dav

dav

dav

dav

*SET*

紀子:朗読 麻希:ウクレレ、ゆう琴、歌

ずっと昔に
宙船(そらふね)(麻希ソロ)
生きる(仮題)(紀子ソロ)

inside/outside
不在の肉体*閃光
スミレ

水槽(紀子ソロ)
とわにおもう(麻希ソロ)

光射す海*ゆりかご
明日へ
遠くの光*百万光年の彼方から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ARCHIVE

カテゴリー

タグ